Introduction

お客様、関係者様の声をご紹介します

※プライバシー保護のため仮名にて掲載させていただいております。
 なお、本件対談の原本、音声データは全て弊社本部にて厳重に保管しております。

岐阜県西部
星野様

岐阜市
衛藤様

岐阜市
山下様

岐阜県西部
 星野様

直野代表、はじめまして。
[くらしケア]を利用させて頂いて1年10ヶ月目の、星野と申します。

私は去年、大垣での「親なき後セミナー」で初めて代表をお見かけした時にくらしケアに対してお礼の気持ちをお伝えさせて頂きたいなと思ったのですが、あの時は勇気がなくて帰ってしまいましたので、今回代表があいかれんのご執筆をされたものを拝読し、感想を含めて、お伝えしたいなと思って綴らせて頂くことにしました。

「利用者や、家族が、明日が待ち遠しいと思えるような、そんな暮らしの実現のお手伝いをすべく」...

そんな思いで活動して下さる方が居て下さるのは私にとっては、生きていく糧そのものです。
何故なら、障がいを持った事で社会と繋がるのが難しくなり、大袈裟な表現ですが、“孤独”な毎日。また、症状への不安な毎日。
でもくらしケアの看護の力は、私が感じていた孤独や不安を、
『明日が待ち遠しい!』に変えてくれました。

だから、生きていく糧と言っても過言ではありません。

じゃあ、具体的に何が良かったのかと言うと、

この1年10ヶ月、私は、有村さん、加藤さん、松さん、佐藤さん、広瀬さん、山田さん、戸田さん(順不同。来て頂いたことのある方)に支えられています。※有村さん、加藤さん、松さん、佐藤さん、広瀬さん、山田さん、戸田さんは弊社社員の仮名です

正直数ヶ月は、週に一回、家に来て頂いても、「訪問看護の何がいいんだろう。何のために来てもらっているんだろう」、と、母に漏らしていました。
何となく30分が過ぎて、帰っていかれる...それの繰り返しでした。記憶を辿ると、8ヶ月くらいそんな感じだったかもしれません。

でもいつからか、スタッフの方と「話す」という事が、楽しくなってきました。

今思えば、スタッフの方の人柄がわかってきたことで、慣れと安心感が生まれた事がよかったんだと思います。そして、話の中心が、私、なので、私のことを聞いてもらえる、分かってもらえるという喜びもあったと思います。
さらには、やはり苦しみの要素である「障がい」について何とか改善できるように付き合おうとしてくださる姿勢が嬉しいです。私はオリジナルの「生活記録表」という私がオーダーした項目の表を作って頂き、毎日寝る前にそれに書き込んで、それを訪問看護の時にチェックして頂き、症状なり、私の困り事なり、一週間の様子を見守って頂いています。

このようにくらしケアのスタッフの方との「交流」。
この「交流」がすごく大事な生活の一部ですし、心の支えです。

「親なき後問題の解消」への取り組みについても、私は感謝申し上げたいです。
まだ私はそちらの取り組みにお世話になっておりませんが、この問題はいづれ私にも訪れます。その時に話せる相手、相談できる相手がいるのはとても心強いです。

ですから、直野代表には本当に感謝の心でいっぱいです。

もし、直野代表がくらしケアを創設していなかったら...

・私は今、この心の中にある喜びや、病状の安定や、スタッフの方々と出会うご縁がなかった。
・家でひっそりと、孤独と不安に苛まれながら日々を暮らしていたかもしれない。

だから、感謝の気持ちを伝えたいのです。

本当にありがとうございます。

直野代表をはじめくらしケアのスタッフの方々のお陰様で、(また、主治医や家族、周りの方々のお陰があり)私は今では、障がいとうまく付き合い、症状が安定しているため、自分の将来のために勉強をして、毎日生きがいを感じながら、生活させて頂いています。

とはいえ、障がいは一生つき合っていかなくてはならず、調子が悪くなる時もあります。
そう言うのを覚悟し、これからも皆さんに支えて頂きながら、私にできる事を頑張り、日々「明日が待ち遠しい」と希望をもっていきたいです。

繰り返しになりますが、

      直野代表!
      本当にありがとうございます!
                    星野より

☆☆☆☆☆☆

以上、原文のまま

実際のお手紙の一部です。
この手紙をいただき「くらしケアをはじめて良かった」と思いました。
本当にありがとうございました。(弊社代表直野の感想)

岐阜市
 遠藤沙友理様の妹様・お母様より

26年前、地元を離れ遠方で暮らしていた沙友理が警察に保護されたと家族に連絡があり、病院へ行くと沙友理は意味不明な言葉を並べ、体を拘束された状態でした。
「統合失調症」と診断され昔の面影はなく、まるで別人のようでした。
精神科病院で60日間の入院を経たのち、実家に戻り地元の病院へ通院していましたが、1年後に建物の5階から飛び降り、多発骨折・くも膜下出血のため救急搬送されました。
1か月間、意識不明の状態が続き、意識を戻した後もしばらくは10年間ほどの記憶をなくしていました。
退院後も妄想に支配された言動、医療関係者・家族に対して罵倒が続き、精神科的治療の拒否をされ家族は疲弊していました。

息子は薬が変わるたびに人格が変わることもありました。
医師と相性が合わず治療が中断すると薬も切れ、息子の人格も振り回され、その都度家族は「どれが本当の沙友理なの?」と困惑し、どうしたら良いのか模索はするものの何が分からないのかさえ分からない状態で、考えようとしても体が拒否して調べる事もできませんでした。
当時は簡単にスマホなどで調べる事も出来ず、家族は病気を理解出来ていない為、息子にとって良かれと思ってやったことが逆効果だった事もあり、今でもあの頃のことを後悔しています。
「車に兄を乗せこのまま突っ込めば楽になるだろうか…」と思ったこともあります。

入退院を繰り返し引きこもりがちだったため、情報が入ってくることはありませんでしたが、沙友理が作業所へ行きだしてからは家族も役員として他の利用者の家族と接する内に徐々に情報が入り、様々な支援がある事を教わりました。
それからくらしケアの田中さんとの出会いがあり沙友理にとって良い支援を考えくださり、長年家族で抱えてきた不安を解消の道に導いてくれました。
訪問看護を受けながら、沙友理にとって出来る事を家族の様子を確認しながら助言してもらったり、施設でトラブルを起こした後に相談に乗ってもらい次の施設を探してもくれました。
60才になる沙友理は年々出来る事が少なくなっていき、高齢の両親としては親なきあとの不安が気がかりでした。
「大丈夫。家で生活出来る!」と言っていた頑固な沙友理も、家での生活に限界がある事を認めたのか1年半くらい前から「施設に入所したい」と言い出しました。
その都度、くらしケアさんが一緒に考えてくれ、沙友理にとってぴったりな施設を見つけてもらい入所することが出来ました。
今では週に1度面会に行くと沙友理は「家より快適」と喜んでいます。家族としては皆さんに迷惑をかけてないか心配はつきませんが、支援をしてくださる皆様に感謝の気持ちで一杯です。
憎まれ口をたたかれながら、喧嘩になることばかりだけど家族だからね、強く成らざるを得なかったんですよ。

当時困ったことは何ですか?

・医師との相性が合わないと他の病院を探すのが大変だった。
・ケアマネを探すにも、どこのどんな人が良いかもわからなかった。
・ショートステイがある事を知り、週末に利用したくても60人以上の利用待ちがあり簡単には利用できず、他を探すのも一苦労だった。
・病院、施設が変わるたびに1から説明が必要で面倒だった。
・作業所や障がい者施設はカラーや設備も違い、選ぶことも出来ず妥協も必要だった。
・経験の浅い支援者の言動によって沙友理が傷つくこともあった。
・病気に対して家族も知識がない為、間違った接し方もあった。

利用してよかったこと

・本人の心身の状態やこだわり、症状を理解したうえでアドバイスをしてもらえ安心が出来た。
・本人の趣味嗜好を理解したうえでプラスの表現をしてもらえた。
・入所先を探してくれたり、入所に関して必要な事を指示をしてくれて助かった。
・症状に合わせその都度、模索しながら対応してくれた。
・甘やかすのではなく状態を観察しながら出来る事を考え接してくれた。
・家族の健康状態も気にかけてもらえ、気軽に相談できる人がいる安心感がある。


岐阜市
 衛藤様 

訪問看護は当事者だけではなく、ご家族のフォローも行っています。
今回は家族支援として関わっているお母様(70歳)にお話をうかがいました。

衛藤様:以前、くらしケアさんとは家族会であっていますね。
くらしケア:あの時は初めて参加させていただきましたがとても勉強になりました。
衛藤さんはどんなきっかけで家族会に参加されたのですか?
衛藤5年くらい前に広報岐阜で家族会の事を知りました。
くらしケア:私は家族会がある事を数年前に知りましたが行くことに躊躇する方も多いかもしれませんね。
衛藤行くまではすごくためらいがありましたよ。
「誰かに見られたら…知ってる人がいたらどうしよう」となかなか踏み入れる事もできなかったけどね、行ってみたら役員の方が電話番号をそっと手渡してくれて「なにかあったら電話してください」って。
「次の月も行ってみようかな」って気持ちになりましたし、行けば他の人の話を聞いたり、自分の話をしているうちに引き込まれた感じよね。
くらしケアさんもあの時たくさんお話されていましたよね。
くらしケア:私も参加した時に、みなさんが親身に聞いてくださるので「話したい」と思いましたし、みなさんのお話を聞いてたくさん勉強になり次回もまた参加したいと思いました。
衛藤いろんな病気の人がいるから自分が「教えてもらう」だけではなく自分の意見も誰かのためになればと参加できるのが家族会の良い所ですよね。
今ではもうひとつお勉強に行きだして、大きな文字で見やすい資料があるからわかりやすいのよ。
これを読んでわかったけど、当事者だけではなく家族も疲れてしまうから時に怒れてしまうのよね。私なんて宇宙の方を見ているからイチイチ怒りもしないし「あーはいはい」って気楽に甘く接しちゃうのよ(笑)

くらしケア:訪問看護を使おうと思ったきっかけはなんですか?
衛藤訪問看護は家族会で知ったんだけど、くらしケアさんに出逢った当時は岐阜にはなかったから良くわからなかったのよ。
それにお金がかかると思っていたからずっとスルーしてしまっていたの。
3年ほど前に家族会の人から「くらしケアさんを利用してる」と聞いて色々教えてもらって利用することにしたんだけど今思うともっと早くに利用すれば良かったと損をした気分ね(笑)
くらしケアさんは車に会社名が入っていないし私服で来てもらえるのがとても安心感があるの。
くらしケア:訪問看護の立ち上げ当初、車には社名を入れたけどご利用者様から同じご意見があって3日くらいで消したんですよ。

衛藤訪問の際に当事者だけでなく私も話を聞いてもらっているんだけど、以前は同じ日に利用していたんですけど今は別々にしてもらえてね。
同じ日だと私が出しゃばってしまいますからね(笑)
別の日だと私も気兼ねなく話せるので助かっています。
それに主治医への報告もしてくれるので通院した時に細かい事まで話せなくても連携が取れているのは本当に有難いです。
最近では外出に同行してもらえたりして、「楽しかった」と帰ってくると私も嬉しくなりますよ。
まだ不安はありますが今では「くらしケアさんがいなかったら、今頃どうなってたんだろう」と話せるようになりました。
くらしケア:今回広報誌とHPへの掲載にご協力をいただきありがとうございます。
今後もみなさまの役に立つ情報を載せたいと思っています。
衛藤同じように不安な思いをしている方が家族会や訪問看護を始めるきっかけになると良いですね。
前回の居住支援や、就労移行支援の情報はとても勉強になりましたよ!
スタッフさんの紹介で顔が分かるのも安心ですね。

「20年以上右往左往してきたけれど家族会の参加により道が開けてきた」と終始明るくお話してくれた衛藤様ですが、衛藤様の勇気を出して踏み出した1歩で少しずつ安心につながっていると感じるお話でした。

岐阜市
 山下様 

――くらしケアを利用し始めたきっかけは?
私がくらしケアさんを知ったのは、役場で紹介されたのがきっかけです。設立間もない時期
なので、かれこれ6 年くらいのお付き合いになります。当時の出来事でよく覚えているの
は、私が⻭医者さんで熱中症になった時のことです。くらしケアさんに電話を入れてもらう
とすぐさま所⻑さんが駆け付けてくれ、近くの病院まで送り届けてくれました。ポカリスエ
ットを2〜3 本用意して「これを飲んで今日はゆっくりして下さい」と言っていただけた時
には「入ったばかりなのにこんなことまでしてくれるんだ」と驚いたのをよく覚えています。

――利用して良かったことは?
くらしケアさんと出会えたことが本当にうれしいです。僕は、人よりもうまく出来ないこと
が多いし、何かと焦ってしまいがち。「こうしなさい」「ああしなさい」と言われると手が震
えてしまいます。くらしケアさんと出会ったことで、そんな僕でも一人の人間としてきちん
と相手にしてもらえることが、大きな喜びですし、本当に感謝しています。

――くらしケアを通じて変わったことは?
自分が「決してダメな人間じゃない」と教えてもらえた気がします。1 人では前に歩き出せ
なかった自分が、スタッフさんから「全然だめじゃないよ」「山下 さんみたいに優しい人、出
会ったことないから」と言われることで徐々に変わることができた。くらしケアさんを信じ
て良かったです。こんな自分でも必要とされていると思うと頑張れるし、うれしくなります
ね。

――今後のくらしケアに望むことは?
僕はくらしケアのスタッフさんが大好きです。だからストレートに「大好き」と伝えること
が多いですが、女性のスタッフさんが多いこともあってか、まだ少しお互いに照れや遠慮が
あると感じます。今まで以上に距離を縮められたらもっと良いなと思いますね。また、以前
に地域のサポートセンターに足を運んでいた時には、壁を飾ったり、お茶を飲んだりといっ
た催しがありました。今後はくらしケアさんでも、こうした皆さんと交流できるような企画
があったらいいなと思います。

――スタッフへのメッセージをお願いします!
今は新型コロナの影響でなかなか難しいですが、以前、あるスタッフさんが帰り際、「ハイ
タッチね!」と自然に接してくれたのがとてもうれしかったです。くらしケアの皆さんは、
決して見下すような話し方をしません。「山下 さんのことを知りたい」という姿勢で接してく
れます。だからうまく行くんじゃないかなと思いますね。
私の人生には、思い出になるような写真がほとんどありません。それでも心の中には、人生
を振り返る「記憶のアルバム」が確かにあります。そんな私自身の人生のアルバムに、くら
しケアさんとの思い出を、決して忘れない形で残せるような関係になりたい。そして、スタ
ッフの皆さんの心のアルバムにも、「あ、そういえば、こんな人がいたっけ!」と、僕との
出来事が残ってくれたらうれしいですね。


編集部より
山下様との出会いは創業初期で、何が良くて何がダメなのかわからずとにかく必死で利用者様のためにと奔走していたと記憶しています。できるできないことがあり現在は同様の対応ができかねる場合がございますが、創業期を支えてくださったご利用者様の貴重な声をご紹介させていただきます。

Service Information

サービス紹介

サービス紹介|岐阜|岐阜市|春日井市|名古屋市|大垣市|精神|訪問看護|訪問看護ステーション|相談支援|居住支援|親なきあと
サービス紹介
スタッフ紹介
採用情報|岐阜|岐阜市|春日井市|名古屋市|大垣市|精神|訪問看護|訪問看護ステーション|相談支援|居住支援|親なきあと
会社案内|岐阜|岐阜市|春日井市|名古屋市|大垣市|精神|訪問看護|訪問看護ステーション|相談支援|居住支援|親なきあと

サービス紹介